ちょっと変わったアルバイトにまつわる話

学生の頃、何度か交通量の調査員というアルバイトをしました・・・ (女性 42歳)

学生の頃、何度か交通量の調査員というアルバイトをしました。

時々見かけたこともある人もいると思いますが、道路や駅構内に椅子に座り、通り過ぎる車や人を種類別に数えている人のことです。
いつも定期的にある仕事ではないのですが、単発のアルバイトで、日払いでバイト代が入るので、都合が合えばとても簡単で、なかなか割りのいい仕事です。
接客などをするわけではないので、気を使うこともなく、決められた時間内に、決められた種類ごとに数をカウントしていくだけなので、精神的にも楽です。

幹線道路などでの調査の場合は、空気が悪いのでマスクなどが必要になります。また、気候によっては厳しい時もあります。冬やまして雪など降っていたら、かなり拷問に近い仕事になってしまいますが、総合的に見て、気を遣わなくていいし、頭も使わなくていいし、楽な仕事だといえます。
ですから、いつもアルバイトを探す時は、まず交通量調査員の仕事がないか調べてから、他を探していました。

Copyright (C)2018ちょっと変わったアルバイトにまつわる話.All rights reserved.