ちょっと変わったアルバイトにまつわる話

ちょっと変わったアルバイトといっていいのかどうか・・・ (男性 56歳)

ちょっと変わったアルバイトといっていいのかどうか、でも変わったアルバイトの経験があります。治験というものを、一度でも聞いたことがある方は多いと思います。その治験の仕事の一つです。

治験ですから、薬を飲んで状態を調べるわけですが、その治験の仕事というのが、薬を飲んで尿の量を調べるというものです。
毎日飲む水の量と食事の量が決まっていて、その薬を飲んだら、どれくらいの尿が出るかを計るというものです。
かなりの量の水を飲むので、普通でも尿がたくさんでそうですが、尿をコップにとって計ってもらうのが看護師さんということで、かなり恥ずかしいアルバイトのようです。

普段なら、検尿をしても目、の前で計られることはないですから、普段とは違う経験ができそうではあります。どんな薬を開発する時にも、こういう治験を経なければならないわけですが、尿を取られたり、採血されたりと、治験は高額なアルバイト代がでるものの、苦しい内容のものも多いようです。

PickUp

Copyright (C)2018ちょっと変わったアルバイトにまつわる話.All rights reserved.