ちょっと変わったアルバイトにまつわる話

昔子どもの頃は・・・ (女性 75歳)

昔子どもの頃は、離島に住んでいましたので、海が目の前で、よく海産物を採ってアルバイトしていました。

タコなどは、小さな船を出して、潜って獲ったりしていました。
また、一番お金になったのはなまこです。
なまこは、日干しなどにすると、中華料理用に売れるそうで、よく採っていました。
あれは足の裏でつかんで、籠の中に入れるのですが、慣れた人でないと気持ちが悪くて、なかなか務まらないかもしれません。
それから、蚕を手入れするアルバイトもありました。
今ではそんなことやっているところはないと思いますが、子どもの頃はけっこうあちこちでやっていたみたいです。
屋根裏部屋に、すのこのような台をいくつも並べ、それの上で蚕を飼います。そこに桑の葉を与えて、繭になるまで育てるのです。
徐々に黒くなって行く蚕を見ているのは楽しかったです。

その後は見た事がありませんが、繭になったものはお湯につけて、柔らかくなったところで繊維をほどいて、生地の原料にします。

PickUp

Copyright (C)2018ちょっと変わったアルバイトにまつわる話.All rights reserved.